FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月

67

一同言葉を失う。繋がってる?どうやって?

「あの・・この石が何か・・?」

クリスが問うと、ルカが石の説明をした。もちろん分かってることだけだが。

「じゃあ・・ルカさんが追ってる人たちと・・何か関係があるってことですよね・・?」

クリスが呟く。

「まだ・・分かんないけど。可能性は高い。」

「その組織の人に連れ去られたってことですか?」

「分からない。ただ・・俺たちが今まで会った人で、石の持ち主は、全員・・亡くなった・・。」

ルカが言うと、全員の顔が凍りついた。

「飽くまで、俺たちが会った人たちってことだから、君たちの家族が殺されたって訳じゃないよ。ただ・・。」

ルカが言葉を続けるのを躊躇った。

「どう・・言っていいか・・分かんないけど・・。最悪の可能性がない・・とは断言できない。」

全員の気持ちが重くなる。繋ぐ言葉が見つからずに、沈黙が支配する。

「探そう。」

ルカが大きく息を吸い、そう言った。俯いていた顔を上げる。

「失踪事件がどうして起こったのか、どうして俺の親が殺されなきゃいけなかったのか。どうしてこの石の持ち主が殺されたのか。俺は知りたい。だから探す。・・絶対探し出す。どんな結末になっても、俺は絶対この事件の真相を知りたい。」

ルカは自分に言い聞かせるように言った。

「僕も同じ気持ちです。」

クリスが言った。

「でも僕たちに何ができますか?できることなら何だって協力します。僕も両親を見つけたいです。たとえ・・最悪の結果でも・・。」

クリスがそう言うと、他の皆も同意した。

「そうなりゃ話早いな。これからのこと、話し合おう。」

シュンは椅子に座り直した。そしてまた新しい紙を広げた。





ε=(。・д・。)フー・・どうなることやら・・( ;´・ω・`)
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL