FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月

75

「俺、連絡係んなるよ。」

「連絡係?」

「何か決定的な情報が得られたら、ルカたちを追いかける。それまではクリスたちと一緒に情報集めるよ。俺、足には自信あるからさ。」

「そうだね。そうしてもらうと助かるかも。」

「出発はいつですか?」

クリスが問う。

「うーん。今日はもう暗いから明日の朝かな。」

「分かりました。じゃあ夕飯、食べて行って下さい。すぐに用意しますから。」

そう言ってクリスは台所に消えた。町の子供たちはそれぞれの家に戻って行った。



夕食は質素なものだったが、ルカたちはありがたくいただいた。

その夜、部屋を借り、それぞれが整えられた布団で眠ることができた。布団で眠ることが久々で、今までの疲れも手伝ってか、深い眠りに就いた。

ただロッピーだけが窓枠に座り、窓から見える大きな月を眺めていた。



そして明朝、ルカとマリアはロッピーと猫を連れて旅支度を整えた。皆に見送られながら、西に向けて再度出発した。





・・・ε-(ーдー)ハァ・・・おもろいのか?コレ・・・(;´瓜`)
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL