FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月

77

マリアも気配に気づいたようだった。詠唱を始め、防御を張ろうとする。

「待って。」

ルカが制止する。マリアは詠唱をやめた。ルカは気配に集中した。

「へー。逃げないんだ。」

現れたのは、綺麗な女の人だった。

「お前は誰だ。」

「お前なんて・・口の悪い子ね。せっかく迎えに来てあげたのに。」

「迎え?」

『気をつけて!』

ロッピーが言う。ルカは頷く。

「迎えって・・何のだ?」

「コレ、探してるんでしょう?」

彼女は石を取り出した。

「それはっ。」

「気になるんでしょう?コレ。」

ルカはマリアと顔を合わせた。

「もちろん、貴方1人だけじゃなく、そのお嬢さんにも来てもらうわよ。」

「拒否権なんて・・ないんだろ?」

「もちろんよ。嫌でも来てもらうわ。」

彼女は不敵に笑った。ルカはマリアと目を合わせた。

「分かった、行くよ。行けば・・全部分かるんだろ?」

「そうよ。貴方が疑問に思ってること総て解決するわ。」

「マリア。行こう。マリアの事は守るから。」

「はい。」

『ルカ、気を抜くなよ。』

ロッピーに言われ、「分かってるよ。」と答える。

そしてルカたちは女の人に着いて行った。





さー・・そろそろ終盤?(イキナリ
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL