FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月

85

整理しきれないルカの頭はまた混乱してきた。マリアがロッピーの子供・・。

「あー、それと僕の本当の名前はロキだから。」

モンスターの姿のときにルカが名づけたのだが、人間の姿に戻った今は違和感があるらしい。

「えーっと・・。あのさ・・。最初の村が火事になったのは?」

ルカはどうにか整理しようと、順番に質問をすることにした。

「それは私が魔法を送ったから。マリアは巻き込まれないように、貴方と合流してからね。」

エレインが答える。

「何で俺と合流したって・・。」

分かったんだろう、と思ったが、すぐに予想がつく。

「僕が連絡したんだよ。」

ロッピー・・じゃないロキが答える。

「マリアの家に着いてからね。」

「でもマリアと会ったのは、偶然だったはずなのに。」

「僕もびっくりしたよ。でも、これはチャンスだと思った。あの村の者は全員事件と関わっていた。と言うか関わっている者があの村を作ったんだ。」

「それで、火事で・・・。」

そうだと頷く。

「じゃあ・・この石を持っていた人が殺されたのも・・。」

「他の精鋭部隊が任務を遂行したんだ。」

「ジョージも・・関わってたの・・・?」

信じられないと言う様子でルカが呟く。

「あれは・・僕らのせいじゃないよ。ジョージのお兄さんが関わっていたのは本当らしいけど。」

「それも調べたわ。彼のお兄さんが殺されたのは、あの組織に逆らったからよ。」

「じゃあ、ジョージさんが殺されたのは・・?」

エレインの言葉にマリアが問う。

「その組織のせいね。きっと。事情はよく分からないけど・・。」

「じゃあ・・クリスたちの親が居なくなったのは?」

皆あの石を持っていた。

「動こうと・・しているのかもしれない。」

ロキが冷静にそう言った。

「動くって・・・?」

「世界を作り直すために・・。」

「・・・。」

言葉が出ない。

「いずれ・・ここに乗り込んでくる。まぁ・・見つかればの話だが。時間の問題だろう。居なくなったものたちはディアノスのせいにして、自分たちが失踪したように見せかけているしな。」

「俺は・・どうしたらいい?」





と言うかどうやって終わろう・・(ぇ
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL