FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP旅行記 ≫ Live

Live

朝10時半の船に乗り込み、三宮へ。

しかーし!帰省ラッシュのため、激混み(;´Д`A ```

いつもは寝そべれる女性専用ルームもお母さんと子供でいっぱい…。
お父さんは入れないからウロウロしてるらしい(人の会話を聞いてたw

ずっと座ってたけど、眠さの限界に到達して無理やり小さくなって寝たww
でも多分邪魔やったろうな・・・。

電車乗る時間も調べた通りに行けたんだけどさ。

乗り換えで途中乗り間違えそうになって、電車1本乗り過ごして・・・そのせいで10分ぐらいずれてしまった><。

何とかkagoの家のある駅に着き、先に買い物をしようと教えてもらったダイ●ーへ。

食料品を買い込んで、出てくると、雨が降った後が・・・(;0_ゝ0)

うちが出た時はもうほぼ止んでたんで、よかったんだけどねー。

とりあえず大量の荷物を持って家に向かう。
ちなみにkagoの家は引っ越してから初めて来るので、前もって教えてもらった通りに歩いたんだけど。
何とか無事に到着。

鍵は前もって合鍵をもらっていたのですよ。

食料を冷蔵庫に入れ、時計を見てから、調べておいた電車の時刻表を見る。

・・・・あと1分で電車出るやん∑(゚Д゚;)

確実に無理なので、1本ずらしたら10分ずれた(;´Д`A ```

梅田で乗り換えのために、移動してJRに来たものの、こういう時に限って環状線の乗り場が分からない!
焦りつつ、駅員さんに聞いて何とか辿り着いたのに、電車出ちまった・・・・(´Д`;)

チケット・・・某ギタリストさんにもらわないかんのに・・・・。
しかも1番手だから30分前に待ち合わせだったのに・・・。

確実に間に合わないと、電車を待ってると電話かかって来た・・・。
もうほんとすいませんorz

結局京橋に着いてから電話がもう一度かかってきて、受付に渡したらしいので、そこで受け取れと。
それはいいけど何故に【晴陽】で言うのか・・・w
せめて本名にしてくれたらいいのに(;0_ゝ0)

まぁいいんだけどさw遅れたうちが悪いしorz

で、ライブハウス着いたのが10分前。
受付で何とかチケット渡してもらって、待機。
何が良かったってフリードリンクだから、すぐに飲み物飲めたことだよね・・・。
確実に500円以上飲んでるしw
↑来てすぐ2杯くらい飲んだw走って喉乾いた人

でも何やら「5分押し」ってスタッフの声が聞こえたりして。
あれ?大丈夫か?と不安になったのはここだけの話。

そうこうしているうちにメンバーがステージに出てきたので、とりあえず一番前陣取ってみた。

と言っても下手(しもて)ギターの前なので、前回と同じような位置。
流石に真中は恥ずかしいよね・・・。
本当は反対側行きたかったんだけど、既に人がいたのでね。

で、何のために前の方にいるかって、写真撮るためなんだけどね。

ボーカルさんにものっそい「何この子?」みたいな目で見られつつね・・・。

頑張って撮りましたとも・・・!

まぁぶれてたり、顔があんまり写ってなかったり、あんまりカメラマンとしての役割を果たせてませんが(´Д`;)

某ギタリストさんがあんまり撮れなかった・・・。
やっぱり反対側行かないとダメだわ。
てことで、今度は違う角度で撮ろうと思います。

つか一応これHP用の写真のつもりなんだけどな・・・。
こんなの掲載できるのかな?とか不安に思ったり(ぁ
まぁいいや。渡しちゃえばいいよね←

その後の2バンドさんは女性Voでした。
両バンド共、雰囲気のあるいいバンドでしたw
4番目のバンドさんが、結構ツボでしたww
3ピースで、ボーカルギターさんなんですけどね。
もしかしたら一番圧があったのはこのバンドさんかもしれない・・・。
無料でCD配布してたので、こっそり頂いてきちゃいました(*´∀`*)

5バンド目で、八苦からメールが!
仕事が終わったそうなので、うちも戻って合流しなきゃなのです。
5バンド目さんは高知のバンドなのかな?
何かさっきまでスカスカだったライブ会場が、一気に人口密度上がったんですが・・・。

まぁ某ギタリストさんもやってきたので、呼び出す手間が省けたんですがねw

ちょっと見たかったなぁ(´・ω・`)

てか今さっきそのバンドさんのHP見たら、高松のライブハウスでもCD売ってるって書いてたww
と言うことは高松でも見れる可能性はあるんだww

まぁそれはいいとして。

・・・・長くなったので、次の記事に続きます・・・。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL