FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年07月
ARCHIVE ≫ 2005年07月
      

≪ 前月 |  2005年07月  | 翌月 ≫

やっばぃ・・

やっヴぁぃ・・ヤヴァイですよ!!

・・・今日食べに行って、フルコース食べたのもヤバイんですけど、デザート食べ過ぎた

自分のコースについてたのは、バニラアイスのみだったのに・・親のデザート・・食べちゃった;;

やっぱり貧乏症なのか・・「あげる」って言われたら食べちゃう;;

まぁでも・・これでしばらく甘い物要らないや・・



今日は・・ってか昼夜逆転してるから昼間寝てたんですけども

庭に設置した納屋(やたらでかい)に色々片付けてみたり。(納屋に入れに行ったのは父さんだけど・・

@この日記に書いてる小説を最後まで書いてみました(*'▽'*)わぁ♪

何とか終わってよかった。・゚・(ノД`)・゚・。

予告すると111話で終わります@5話分あるってことですねw

まぁ・・終わり方・・こんなのでいいのか、ファンタジー読まないσ(´ρ` 晴)にはさっぱり分かりませんが

まぁやっとやらなきゃいけないことの1つが終わりましたよ

日記で完結させたら、まとめたのを小説サイト『EVERBLUE』の方にアップしなきゃ

てことで1つ終わったらまた1つ増えるという・・( ;´・ω・`)

でもupするのは書くのよりは楽かもてことでがんばります(`・ω・´)



さ・・次は何書こうかな・・(ぉぃ
スポンサーサイト



106

どれくらい走ったのだろう?

建物内は危ないと、外に出たのはいいのだが、何処が安全な場所なのかさえ分からない。

その時、背後で大きな音がした。ガラガラとさっきまで居た建物が崩れていった。

「間一髪ってとこか・・。」

ゾルグが呟く。一同、ホッと胸を撫で下ろした。

何とか走り続け、小高い丘の上に避難した。マリアとエレインはさっきの負の妖気を探っていた。

「ねぇ、ロキ。さっき言ってた『漏れ出した』って言うのはどういうこと?」

「あぁ。古い言い伝えとされてることなんだけど。」

そう言って話し始めた。

「その昔、この地上は魔族と人間が住んでいたんだ。これは本当で、秩序が乱れるからと、ある時魔族が引き払ったために今みたいに魔族と人間の交流は少なくなったんだが、その魔族がこの世界を出て行くずーっと前。ある時モンスターが繁殖しすぎて、魔族や人間を襲い始めた。人間や魔族を食べたモンスターは成長して、どんどん巨大化して行った。」

ロキの話を聞いて、旅の途中で襲ってきたモンスターを思い出した。魔族のダークを体の中に取り込んだまま、9年も人間を食らってきたモンスター。あれが何だったのか、今でも分からない。

「そのモンスターを倒すための特殊部隊が組まれたんだ。数々の難関をクリアしてきた精鋭を集めて、モンスター狩りをした。数人の犠牲者を出したものの、結局モンスターを倒すことができたんだ。その亡骸は、火で燃やした後、箱の中に入れられ、魔法で厳重に固められて土に埋められたんだ。」

「何でそこまで・・。」

「復活してくるかもしれなかったからだよ。どんなモンスターなのかよく分からなかったからね。」

「じゃあ・・『漏れ出した』って言うのは・・。」

「10年前、この地域で大きな地震があったんだ。」

「10年前・・。」

ダークが言っていたことと関係あるんだろうか?

ルカは興味を示した。