FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年06月
ARCHIVE ≫ 2005年06月
  • 98 (2005.06.17)
      

≪ 前月 |  2005年06月  | 翌月 ≫

98

顔を覆ったルカは殺られると思っていた。しかしいつまでも剣が下りて来ない。おそるおそる目を開けると、剣を持った男が居ない。

「あ・・あれ??」

手を外し、ルカは辺りを見渡した。周りに居た人間は固まっているようだ。何が起こったのか、ルカには分かっていなかった。

ふと目の前を見ると、さっきまでなかったはずの灰が落ちていた。

「・・灰?」

「ルカ・・。」

ロキが話しかける。

「何が起こったんだ!?」

ルカがロキに突っかかるように聞いた。

「君のその力で、一瞬のうちにあの男を灰に。」

「え・・。」

ルカはやっと自分の周りに浮かんでいる光に気づいた。

「何だこれっ!?」

「それが、君の特別な力・・。」

ロキが答える。

「さっき怒った時に抑えきれなくなり、ルカの内奥から開放されたものだ。さっきので分かっただろうけど。」

そう言いながらロキは灰を見つめた。

「君はこの世界を動かす力を持っているんだよ。」

「・・・。」

何と言っていいか分からず、ルカは立ち尽くしていた。





なんだかなぁ・・(;´瓜`)
スポンサーサイト