FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年05月
ARCHIVE ≫ 2005年05月
      

≪ 前月 |  2005年05月  | 翌月 ≫

Secret Lover's Night

どもw未だ興奮している晴陽です(*´ェ`*)

今日もね、ちゃんとナゲ行きましたよ!!もちろんLV上げのためにd(゚ー゚*)ネッ!

でも・・砂場誰もいなさげ・・(´・ω・`)

と言うわけで12時に起こす約束をしていたY様起こして、まだ目が開いてないY様に盾してもらいましたヾ('ω')ノワショーイ

ホントにごめん・・ね・・(>▽<;; アセアセ

途中砂に来た優伍さんにサポもらいつつ、黙々と狩り。サポあるとやっぱ早い(。・ω・)(・ω・。)ネーw

んでもって・・。
こんなことしてみたり。

名前が赤くなった人は隕石落としましょうd(´∀`*)(ぇ
メテオ撃って欲しい人にも撃ってあげてみたり。

いや・・でもね、こんな遊んでるばっかじゃないんですよ?wじぇすとイニにPTに入ってもらって、狩り再開。
∑(゚m゚=)ハッ!!皆大人男だっ!!ハーレムダッ(LVは一応モザイク・・w

途中じぇすがPT抜けたんですけどね、サポはちゃんともらってました‘=‘b

めっちゃ(゚д゚)ウマーイニがまとめ狩りとかしてくれてもっと(゚д゚)ウマー

途中からY様もまとめ狩りしてこれも(゚д゚)ウマー

でもって@0%のとき、タイマンで敵倒せって言われたんで、闇商前でじぇすにPT入ってもらってHEL付で大型に挑んでみましたヽ('ワ')ノ
つ目キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!!
めっちゃ興奮してるのはそのためです・・wもうホント皆さんのおかげです。・゚・(ノД`)・゚・。
ちゃんと証拠SS(誰も疑う訳ないw)出身地・・どうやって読むんでしょう?w



と言うわけで一応申請式やりますwコッソリやったら怒られそうだし・・

本当は月曜とかのがいんでしょうが・・月曜は用事があってインが遅いので、火曜の23時頃にリバ病院でやりたいと思います

お忙しいでしょうが、参加してくださると嬉しいです(*´ェ`*)
スポンサーサイト



76

町を出てしばらくすると、突然視界が開いた。ただ一面の荒野。道すらなく、草木も茂っていない。ルカは息を飲んだ。

「方向・・合ってる・・よね?」

確認するようにマリアに尋ねる。

「はい。こっちで合ってます。」

マリアは太陽の位置を確認して、そう言った。

「よし。行こう。」

「はい。」

2人は一歩を踏み出した。しばらく歩くと、ロッピーがきょろきょろと辺りを見渡し始めた。

「どうしたの?」

肩に乗せていたマリアが問う。

「ピィ!!」

何か焦ったように言った。

「どうした?」

「ピィ!!!」

『そっちに行っちゃダメ!!』

突然ルカの頭に直接声が響いた。

「え?」

突然の事で驚く。

「どうしたんですか?」

マリアには聞こえていないようだ。

「今・・そっちに行っちゃダメって・・。」

ルカの言葉にマリアは首を傾げた。でも確かにそう聞こえた。

「今のは・・ロッピーが?」

「ピィ。」

『そう。近づいてきたからきっと聞こえるようになったんだね。』

ルカは不思議とロッピーの言葉を聴いた。

「聞こえるようになったって・・どういう・・。」

「ピィ。」

『今その事を話してる暇はない。来るよ!』

ロッピーはそう言うと、西の方角を見据えた。マリアには何も聞こえないらしく、首を傾げたままだった。

ルカはロッピーが見据えた方向を見た。何かの気配がした。ルカは剣を構え、気配を探った。