FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年04月
ARCHIVE ≫ 2005年04月
      

≪ 前月 |  2005年04月  | 翌月 ≫

アジト戦

昨日、凍って落ちまくりながらも、シンメイ氏、優伍氏のおかげで何とかLV98まで到達。
ホントにお世話になりましたm(._.*)mペコッ

感謝しきれません。・゚・(ノ∀`)・゚・。2人が居なかったらこんな早く上がらなかっただろうし・・。

そして今日のお昼もサイドン氏に連れられ、砂と内部で狩り。

途中サイドン氏はお仕事に戻られたので、PMしていたY様に盾していただくことに。
まぁ・・こんなシーンもありつつ。2人やられたら、死ぬしかないでそ・・wと言うか意識間に合いませんヨ・・(>▽<;; アセアセ

何気にこんなことになってる間に、ソウルガン+5ができてるしね・・ww

やっぱり凍りまくったので、LV上がらぬまま・・集合時間が来てしまった訳で。

Y様ホントにありがとうございましたm(._.*)mペコッ



そして帰省中のラエちゃんが作ったインペ靴+4をお借りして、装備は万全。
補正めっちゃ(・∀・)イイ!!ラエちゃんヽ(。・ω・)ノ゛☆ありが㌧☆ ヾ(・ω・。)ノ

アジトで作戦の確認をしつつ、皆で一斉に飛ぼうとか言いつつ、バラバラで飛んでしまったんですが・・(ノ∀`;)
戦争前。緊張しつつスタンバイ。とにかく死なないように逃げる準備(ぇ

そんな中、珍しく本気装備のデルさんが敵情視察へ。
デルさんはバグラだったのかっ!!(違

スポンサーサイト



オマケ?

まぁ・・戦争中はSS撮る余裕なく。とか言いつつ、死んでF11押したつもりでF8押したこと数回。ヤヴァイ・・デルさん化!?(ぇ

そんな訳でσ(´ρ` 晴)の死体SSばっかでした・・そんなもん晒しても仕方ないのでネ・・w

結果は見ての通り。
先制点取られ、ballさんたちを止められたなかったのが痛い

でも猫さん言ったとおり、いい経験になりました。次こそは(`・ω・´)

皆最善を尽くしたし。1つ悔やまれるのが、σ(´ρ` 晴)のPCが凍りまくったこと。それさえなければLV100するの、間に合ったかもなのに(´・ω・`)ショボリンヌ

ウニバト中から凍らなくなったんですよ・・。何なの?このPC。

・・・でも起動するとき変なときあるんですがね・・(;´瓜`)

やっぱ修理かしら・・(;・`ω・´)



日付変わった頃インして、ちよぴーとナノ堀。σ(´ρ` 晴)はスキル上げ兼ねてだったんですけどw

Dは無視。Eは4箱くらい。G1箱にアトが4個。Fも6個くらい出ました。

んでもって改造していたレイドさんにお祝いPM送ると何故かこんな返信が。
何じゃそりゃwしかも毎回コレw親父を愛してるのかってカンジデ゙スヨ。
まだ言うかw
絶対酔ってるよね・・(ノ∀`;)この時点で晒し決定‘=‘b
だそうですよ|*゚ノロ゚)ヒソヒソ
流石レイドさんです。。(何

68

まず情報が少なすぎるので、情報を集める班を決めた。ディアノスの情報を集める者と石に関する情報を集める者。

「マリア、何か感じる?」

ルカに聞かれ、マリアは首を振った。

「微弱な力も・・感じません・・。」

「そか・・。」

「ルカはあんまり動かない方がいいかも。」

「?!何で?」

シュンの言葉にルカは素っ頓狂な声を上げた。

「嫌な予感する。ここに来る前に襲ってきたヤツいたろ?」

「うん・・。」

「あいつ、確実にルカを狙ってた。だから・・。」

「でも・・俺別に命狙われるようなことは・・。」

「でも両親は殺されたろ?」

そう言われ、ルカはハッとした。もしかして両親が殺されたのは・・自分のせい?

「でも・・それなら・・何で・・父さんたち殺した時に俺を殺さなかったんだ?どうして・・。」

ルカは頭が真っ白になっていた。両親が殺された理由。それに何か手がかりがあるのだろうか?森の中でひっそりと暮らしていたのは、奴らから隠れる為?

「この町ですることは、飽くまで情報収集だけだ。下手にリスク負わない方がいい。」

「・・・。」

シュンに言われ、何も言えなくなる。ルカは椅子にへたり込んだ。

「じゃあ・・この班は・・。」

シュンが皆に指示を出し始めるが、ルカの耳にはもう何も聞こえなかった。





毎回大変ですよ・・ホント・・・