FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年04月
ARCHIVE ≫ 2005年04月
  • 大冒険 (2005.04.21)
  • 60 (2005.04.21)
      

≪ 前月 |  2005年04月  | 翌月 ≫

大冒険

どもw今日も大冒険してきた晴陽です

ナゲにインすると、リバで昨日のカッコのままだったので、倉庫にナノをしまいに行ったんですが、倉庫に入らない・・仕方がないので、ナノを溶かそうとブラッディワンドへと。こうゆう時に限ってすぐ+1なるし・・OTL

半ばヤケでナノAで改造開始。結構すぐ+2に・・。んでもってなかなか+3にならない

手持ちのお金がなくなったとこで、止めておくことにします・・w



準備も整え、いざ砂へー闇商の前にはやっぱり殺し合い中の人・・w

とりあえず挨拶代わりに赤くなったじぇすをぬッ殺しときました(´m`)

σ(´ρ` 晴)が現れたときじぇすにぬッ殺されてたびあんかちゃと少々喋り、後からきた夏とも話し、どうやらフリフに行くようだったので、そこでお別れw

じぇすたちはナノ堀に行っちゃったので・・初めて1人で内部突入です(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

・・うん、まぁね、予想はしてたんだけどね?

右下の狩場に行くまでにアクに2回ほどぬッ殺されますたOTL

何とか辿り着いた右下の狩場で、非アクの115を引き狩り。結構上手く狩れますた(*´ェ`*)

すると・・フライングで暴走アリエナイヨ・・ママン・・

そっちに行くとアクがぁ・・って思ってたら案の定アクに見つかる

でもね、健闘した方ですよ?・・・結局逝っちゃったけど・・ε-(;ーωーA

1人のときは大人しくソドム3Fで狩ってた方がいいのかしら・・(;´瓜`)とかウニチャで愚痴(?)ってたら、ライ2取ってる最中の春天殺くんが「手伝いますよー^^」と申し出てくれました。・゚・(ノД`)・゚・。

何ていい人なんだとひたすら感動wサブのプラナまで引っ張り出して来てくれましたヽ('ワ')ノ

当然引き狩りの聖地、1F右下の狩場へ行く訳デスヨ(死ななかったwサスガ

そこで引き狩りの講義の始まり始まり
スポンサーサイト



60

ルカたちはシュンが走って行った方向へ向かった。でもシュンの姿は見当たらなかった。

「どっち行ったんだろ・・。」

ルカが辺りを見回していると、ロッピーが指をさして「ピィ!」と叫んだ。

「あっちか。」

ロッピーの言う通りに道を進んで行くと、シュンの姿を見つけた。シュンの足の下には財布を盗ったであろう少年が居た。予想通り、シュンにこてんぱんにやられたのだろう。

「ったく。手こずらせやがって。」

シュンが悪態をつきながら、自分の財布を取り戻した。

「離せよっ。」

「お前いつもこんなことしてんのか?」

「関係ねぇだろ!!」

少年は即行そう切り返した。

「いつもこんなことしてんなら、もっと上手くやらねぇと今日みたく捕まるぞ。」

そう言いながら少年を踏みつけていた足を退けた。思わぬ行動に少年は驚いた。

「な・・逃がしてくれるのか・・?」

「当たり前だ。お前捕まえても賞金もらえねぇし。俺は自分のモン取り戻したら文句ねぇよ。」

「賞金って・・賞金稼ぎ・・?」

少年は立ち上がりながら尋ねた。

「そうだけど?」

そう答えると少年の顔が変わった。

「お願いだ!捕まえて欲しい奴がいる!」

「賞金首か?」

「いや・・違う・・けど、お礼はするよ!」

「だったらやらねぇよ。」

「え・・?」

「お前、スリするくらいなんだから、どうせ金ねぇだろ?」

そう言うと、少年は俯いた。

「シュン・・話だけでも聞いたげたら?」

ルカに言われ、シュンは「しゃーねぇな。」と頭を掻いた。

「言うだけ言ってみろ。」

「実は・・。」

しばらくの間があり、少年は口を開いた。





とりあえず今日はここまで・・っと。