FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年04月
ARCHIVE ≫ 2005年04月
  • 星の砂 (2005.04.09)
  • 49 (2005.04.09)
      

≪ 前月 |  2005年04月  | 翌月 ≫

星の砂

どもw今度は内部で強制的にLV上げました晴陽です

事の発端は某ギタリストからの電話

インペ目とインペ頭最補あげるからナゲインして。』

こりゃ・・行くっきゃない( +・`ω・´)b☆しかも無料(*´д`*)

あ、ちなみにくれたのは某ドラマーなんですけど(´m`)

無料で最補もらっちゃった(*´д`*)ってことで靴以外なんと最補デス

しかもオマケのように最補のブラッディワンドもいただきましたO(-人-)O アリガタヤ・・

で、ですね。LV上げどうするんだと言われまして・・。

内部行ってみる?」と言うお言葉に甘えて行かせていただきました("`д´)ゞ

リバでカップル登録して、早速移動ヽ('ワ')ノ
SS見ていただければ分かりますが、盾してくれる方がプラナデス(;´瓜`)

でも多分・・最補だよね?確か・・(確認してない

とりあえず殴ってみましょう
メテオ命中率微妙・・・_|\○_
でも意外と当たってた気が・・しますけど・・どうなんでしょうか?w

その後ブランの英雄様と合流しつつ、甘い汁を吸わせていただきましたm(._.*)m
こんな感じで、追加は・・ありえない数値でした大体1体1%の割合で減りました
こんなハプニングもありつつ・・チンさんが帰ってくる前に通りがかったプラナ様にRBしていただきました

PERE様が落ちた時点で@20%だったので、ちょっと頑張って上げちゃいました
結構上手く撮れてて普通にびっくりですが(´m`)

付き合ってくれたチンピラ様、本当にありがとうございましたm(._.*)mペコッ

そして初対面の癖にたくさんの経験値を吸わせていただいたPERE様にも感謝感謝(見てないだろ



てことで明日のユニバトはLV94で挑みます(`・ω・´)

そう言えば、狩の最中にユニメンのNATUサンが英雄になりました

申請式行けなくてごめんホントにおめでとうございます



経験値:95%→LVup

約600万の黒字(ユニバト用資金でけた(´m`)
スポンサーサイト



49

一行は誰も居ない町を通り抜け、再び街道に入った。この先の街へ行くには数日かかるだろう。

誰一人として話さなかった。いや、話せなかった。ただダークの言葉が頭の中をグルグルと回っていた。

昼頃になると、日も高く昇り、疲労感が増してきた。

「あの・・そろそろお腹空いてきませんか?」

「そう言えば・・。」

マリアの言葉にルカが同意する。

「よし、あの辺で休憩しよう。」

シュンは少し先の休憩できそうな場所を指差した。

一同は石を椅子代わりにして座り、朝マリアが作った弁当を広げた。

おじいさんの家にあった食材で作ったもので、どうやって食材を手に入れたのかは謎なのだが、夕食を食べても大丈夫だったので、マリアが料理し弁当を作ったのだった。

「いただきます。」

そう言ってルカとシュンは食べ始めた。マリアはロッピーや猫にも分けながら弁当を食べた。

しかしやはり無反応な2人にマリアは不安になった。

「あの・・美味しくなかったですか?」

「え?あ、ううん。美味しいよ。」

ルカは慌てて否定した。

「よかった。お口に合わないかと思いました。」

マリアはホッと胸を撫で下ろした。

「ごめんな、気利かなくて。うまいよ。」

シュンも言葉を付け足した。

「ありがとうございます。」

マリアは嬉しいのか笑顔になった。

「ピィ!ピィ!」

「ロッピーも美味しいってさ。」

ルカが説明する。

「ありがとう。」

マリアはロッピーの頭を撫でた。

「ニャー。」

「じぇらも美味しいって。」

分かるはずないのだが、ルカが説明した。

「ありがとう。」

そう言ってマリアは猫の頭も撫でた。

「話は変わるんだけどさ。あの魔物が倒れて死んだ時、マリアは何か感じなかった?」

シュンの突然の問いにマリアは首を傾げた。





ハイ、中途半端(´m`)