FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年04月
ARCHIVE ≫ 2005年04月
      

≪ 前月 |  2005年04月  | 翌月 ≫

(*´ェ`*)

どもwナゲにインして1人で狩りしてるとPMにより砂漠に拉致られた晴陽です

拉致と言うか・・連れてってくれるという言葉に甘えただけなんですがw

ボボでカップル登録しようとしたら、何故かメインキャラではできなかったので、わざわざ別キャラに変わってくれたり・・(>▽<;; アセアセ

とりあえずカップル登録できたので、飛んでみましたヽ('ワ')ノ
何処ココ・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)!?と軽く焦ったのは内緒。
メインに変わってくれて、壁やってくれました

何度死んだことやら・・_|\○_意識使いまくりですよ

全滅するなんてことも多々・・だってね・・壁やってくれる人が死んだら、死ぬしかないじゃないですか・・。・゚・(ノД`)・゚・。

闇商前では、殺し合いしてるし・・
途中盾が2人に増えてたり・・(ノ∀`;)でも(゚д゚)ウマーかった

そしてそして・・。
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!!
やっと93に突入ですヽ('ワ')ノホント何回死んだのか・・OTL

盾してくれた方に感謝ヽ(´∀`*)ノ感激ヽ(;´Д`)ノ雨ヽ(@´з`@)ノ 嵐♪

ちなみに17%からLVupしますたLVupした時に機械がナノHくれますた

機械も喜んでくれてるのねぇ(絶対違
スポンサーサイト



砂漠突入編

LVも上がり、闇商前でおしゃべり・・のつもりがっ

最補マスターに幾度となくぬっ殺される
実験で非AUをぬッ殺しすぎデス
こりゃユニメンに報告デスヨ
CF家訓:やられたらやり返せ(ぇ
ちなみにこの最補マスター、赤くなりません

冗談のつもりで『慰謝料として壁をしろ』と言ってみる(´m`)

プラナに盾やらすなんて・・最高に鬼』とか言いつつ、やってくれましたヽ('ワ')ノ
盾しながら踊る最補マスター
何かと踊る最補マスター
何だかんだで5%減りましたじぇす、ヽ(。・ω・)ノ゛☆ありが㌧☆ ヾ(・ω・。)ノ



そして闇商前で他ゲームの話・・をしていたはずなのに・・
何の集団なのか、全く分かりませんんでもって・・この集団で、ちょっと遊んでみることに

(●´∀`●)♪

てことで、フリフオンラインなるものをやってきましたヽ('ワ')ノ

やたら跳ね回りますσ(´ρ` 晴)なんて暴走して止まりません

イニに『落ち着け』言われました_|\○_

だって・・止まらないんだもん。・゚・(ノ∀`)・゚・。どっかキー押したら止まるようになりましたが・・w

1人でPC画面前で笑ってましたが・・

どうやってSS撮るのかよく分からないまま、遊んでましたがw

狩りも終えて落ちる前にY様が気づきましたヽ('ワ')ノ
キャラはこんな感じwLV11まで上げたので、最初の装備よりはいいもの付けてます

んでもって・・爆笑して劇団(PT)全員でやってたんですが、どうやってSS撮るのか分からなかったので、撮れなかったのを1人でやってみました(´m`)
このモーションの意味が分かりません
でもやたら受けます(´m`)数人でやってたら、本当に変な集団デス

でもね、コレハマルかもナゲ終わったら移住するかも・・?w

ちなみにこの日じぇすは放浪者から転職してマーシナリーになってました

σ(´ρ` 晴)何になろうかな・・wマジシャンかアシストか・・(´・ω・`)

まぁ・・とりあえずはナゲやりますけどね(●´ω`●)ゞエヘヘ

48

ダークはそう言うと、一度魔界に戻ると言って、飛び去ってしまった。

残された3人は何だか力が抜けた。

「何か・・・ダークの話って俺らが追ってるヤツらと関係あるような・・ないような・・。」

ルカが呟く。

「10年前って言ってたな。おかしくなったのが。」

シュンが言い、ルカとマリアが頷く。

「10年前ったって・・俺ら子供過ぎて分かんねぇよな。」

「でも・・あたしが師匠に拾われてあの村に来たのも・・10年前なんです・・。」

マリアが呟く。

「え?」

「詳しくは聞いてないんですが、師匠があの村に来る前にあたしを拾ったらしくて・・。」

「10年前がキーワードか。」

シュンが呟いた。

「だな・・。でもよかったよ。1つでも手がかりができたんだから。」

ルカは自分に言い聞かせるように言った。

「そうだな。」

「旅、続けよう。やっぱり俺、両親の復讐だけなんかじゃ終わらない気がする。」

ルカの言葉に2人は頷いた。

空は既に白みかけていた。





さーて・・旅に出よう・・ね・・。