FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年03月
ARCHIVE ≫ 2005年03月
  • glitter (2005.03.29)
  • 月光花 (2005.03.29)
  • 38 (2005.03.29)
      

≪ 前月 |  2005年03月  | 翌月 ≫

glitter

(^・ω・^).....ンニュニュ?ソドム1Fで業務連絡??
呼ばれてる━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ところで内線2番ってどこでしょう?w
Σ(ノ∀`;)ペチッ

オフィまで戻らなきゃなの?!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)?!
実は面識ございません・・
何故呼ばれたのか、不思議に思いながらも入り口付近へ行くと、ちよぴよさんの他にも数人おりました。その中にいたあぃらちゃが多分σ(´ρ` 晴)のことを教えてくれたんでしょうw

ってことでw
PT組ませていただきましたO(-人-)O アリガタヤ・・

ちよぴよさん・・確か前にエリアに居たような気がしますw

ナゲ兄、紳士マンの影響を多々受けている気がしてならなかった今日この頃w



画像アップ都合上続きます

スポンサーサイト



月光花

σ(´ρ` 晴)が狩ってると、被ってPT以外の人が敵をぜーんぶ持ってっちゃったんですよ

ちょっとぐらい分けてくれてもいいのに・・。それをPTチャットで『盗まれたぁ。・゚・(ノД`)・゚・。』と報告。

すると、ちよぴよさん・・イキナリ叫びで『どろぼーw』と・・w多分このPT以外の人が聞いても誰のことやら分からなかったと思いますがw

更にこんな一言
完璧です紳士マンの影響をヒシヒシと感じます・・w



しばらくして狩ってるときにイキナリ凍っちゃったんですよ・・仕方なく再起した訳なんですが。

どこにいるか分からないので一応叫んだんですが、案外近くに居ました・・w
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
完璧におにいちゃ(紳士マン)のセリフですよでも何かちよぴよさんがお茶目に見えて仕方がないw
こんな笑い方する人そうは居ませんよ(*´д`*)

ヤヴァイ・・この人面白い匂いがプンプンする(ぇ

今度またPT組む機会があったら長時間組んで、観察してみたいです( +・`ω・´)b☆



残念ながら一緒に狩ったのは1時間程度なんですが、それでも5%削れましたヽ('ワ')ノ

また機会があれば(=´ー`)ノ ヨロシクデス(ってこんなとこきっと見てない



今日はRUCOさんの英雄申請式があると優伍さんから聞いたので、12時半頃リバ病院前へ。

待てど暮らせど主役が現れない

なんてハプニングもありながらも、ちゃんと申請式を執り行いましたw
ワワワヮヮヮヽ('ワ')ノ ヮヮヮワワワ
ノリノリで英雄踊りを踊るRUCO氏


いやぁ・・後で見たらSS493枚撮ってたよOTL

っても15枚はソドムで撮ったんですけどね(●´ω`●)ゞエヘヘ

編集で死に掛けるかもしんない・・・

・・・頑張ろうっと・・w





経験値:40%→35%→33%

ドロップ:ナノD 2コ、ナノE 1コ

38

「今夜・・どうすんだ?」

「どうするって野宿しかないだろ。」

「野宿っても・・。」

ルカは辺りを見渡した。森のように寝れるような場所なんてない。

「・・・。」

シュンも言葉を失った。

「どうしたんじゃ?」

ふと声をかけられる。この通りにまだ人が居たのかと、一同驚いた。振り返ると、人のよさそうなおじいさんが立っていた。

「あ・・えと・・俺ら、旅の者なんですけど・・。泊まるとこがなくて・・。」

「あぁ。今日は一座が来とるからの。」

「えぇ。」

「ワシのとこに来るか?狭い家じゃが、お主らを泊められるくらいの部屋はあるぞ。」

「いいんですか?」

マリアが嬉しそうに言う。

「ああ。ワシしか住んどらんからの。気を使わんくてもええ。」

「じゃあ・・お言葉に甘えて・・。」

ルカはそう答えながら、何となくシュンを見た。納得していないような顔をしている。

「シュン?」

「あ・・あぁ。お世話になろう。」

「こっちじゃ。」

老人はルカたちを自分の家に案内した。



老人宅は程近い場所にあった。

「客室は・・二部屋しかないからの。」

そう言いながら老人は一行を部屋に案内した。

「俺とシュンが一緒になるから。マリアはロッピーと猫と一緒でいい?」

ルカの言葉にマリアは頷いた。

「飯は食ったんかの?」

「いえ・・。まだです。」

「今から作るからの。お主らは休んでおきなさい。」

「あ、手伝います。」

マリアが名乗り出る。ルカとシュンも手伝おうとしたが、老人に制される。

「お嬢さん、料理はできるのかね?」

「ええ。一応。」

「じゃあお嬢さんにだけ手伝ってもらうとしよう。お主らは休んでおれ。」

老人にそう言われ、ルカとシュンは部屋に戻った。





・・・進んだような進んでないような・・(ノ∀`;)