FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年03月
ARCHIVE ≫ 2005年03月
  • ROMANCE (2005.03.27)
  • 36 (2005.03.27)
      

≪ 前月 |  2005年03月  | 翌月 ≫

ROMANCE

どもw今日は加山雄三をBGMにドライブしてた晴陽です・・・OTL

古すぎて分かんねぇよ(ノ`Д´)ノ

『君といつまでも』とか『お嫁においで』ぐらいしか分かりません

ドライブって言うか・・外食に行ったんですけどね・・w家族でw

ちなみに運転してたのは父さんでσ(´ρ` 晴)は3列目に乗ってたので、MDデッキには触れれません

久々の外食だったんで、ついつい食べすぎちゃったり(●´ω`●)ゞエヘヘ

ちゃんとデザートまで食べちゃった(*´д`*)
いちごぱふぇ
写メ撮ってたら妹にバカにされましたけどねぇ・・( ´,_ゝ`)

ちなみに妹はチョコバナナパフェでした(´m`)

今日外食に行ったのは母方のお婆ちゃんの誕生日だからなんですけどね・・w

婆ちゃんより食べちゃったよ



今日って特に何もしてないことはないけどネタになるようなことはしてないんですよねぇ・・w

明日新しい食器棚とレンジ台が来るからって掃除してました・・。

今使ってる食器棚の中の食器を1人で全部出したし・・疲れたよ・・ママン_|\○_

両親が買い物に行ってる間に妹と2人でしなさいって言われたはずなんだけどなぁ・・。

妹・・ちょっこす片付けたら「遊びに行ってくるε=ε=ヽ( ・∀・)ノ」って逃げやがりました

お前なぁ・・午後6時半~出かけてどうすんだよ

とりあえずσ(´ρ` 晴)はサザエさんを横目に1人で運んでました・・腰痛いのに・・(年寄り

( ´△`)アァ-明日は新しい食器棚に食器入れなきゃじゃん

・・・体力持つかしら・・・( ;´・ω・`)
スポンサーサイト



36

シュンの後について、町を通過する一行は、人通りの少ない道を歩いていた。

「さっきの通りと全然違うな。」

ルカは辺りを見渡しながら言った。さっき通っていた通りには人が溢れるくらい居たのに、この通りには誰も居ない。

「俺もびっくりしたんだよ。何でこんなに差があるのか分かんねぇし。」

店もあるし、家もある。道は向こうの方が広い気がするが、それ以外変わったところは・・。

「・・マリア?」

顔色が段々悪くなっているマリアに気づいたルカが声をかける。

「ごめんなさい・・。ちょっと休んでもいいですか・・?」

小さい声だったが、そう聞き取れたので、近くの木の下で休むことにした。

「疲れか?」

シュンが問うが、マリアは首を横に振った。

「すごく強い魔法の力が・・近くにあったんです・・。それに圧倒されちゃって・・。」

「今は?」

「今は・・大丈夫ですけど・・。」

「魔法か・・。」

シュンは辺りを見回した。特に変わった様子はないように思える。何かを思いついたのか、シュンは木の上に登った。

「シュン、何かある?」

ルカが問うが、首を横に振って言った。

「いや。特に変わった様子はないけど・・。」

町全体を見渡しながら、シュンが言った。

「魔法の力って・・良いものとか悪いものとかあるの?」

ルカは気になって聞いてみた。

「明らかに悪いものっていうのは本当に邪悪な気を感じるので、分かりやすいんですけど、あたしはまだ見習いなので、小さな気だとよく分からないんです。」

「そうなんだ。」

「今まで感じた魔法は、どちらとも言えないんです。明らかに悪いって感じはしなかったので。」

「そう・・。」

手がかりになると思ったが、もし本当に悪い魔法の力なら、気づいた時にマリアが自分から言ってるだろう。

「ちなみにさっきのは?」

木から降りてきたシュンが問う。

「どっちかまでは・・。ただ物凄い強い力でした。」

「そっか。何かあるかもな。この町。」

シュンの言葉にルカもマリアも頷いた。





( ´△`)アァ-どうしましょ・・Σ(ノ∀`;)ペチッ