FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年03月
ARCHIVE ≫ 2005年03月
      

≪ 前月 |  2005年03月  | 翌月 ≫

ネタが尽きないねぇ・・w

どもwイキナリ無理難題な目標設定された晴陽です一応努力はしますけど・・スキルまではどうにもねぇ・・(ノ∀`;)

とりあえず今日も1Fで乱狩りデスヨ1F人が多いのか、NPCがほとんど居ないので、1%減った時点で2Fへ行ってみました

狩り中にフリーズ→強制終了→再起動→やっぱり死亡2%増_|\○_

幸先悪っ・・まぁ・・ソドム名物ってことで・・諦めて1Fで狩ることにします・・

狩ってるとislaちゃと遭遇ヽ('ワ')ノ早速PT組みましたヾ('ω')ノワショーイ

狩ってると・・ナ━(゚∀゚)━ント!!久々に来ちゃいました(ノ´∀`*)
何かのスキルが上がるのって微妙にテンション上がりますよねw(あれ・・σ(´ρ` 晴)だけ?w

そして・・そしてずっと待ち望んでいたものがキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!!
ワンドでやたらファントム殴ってたのも無駄じゃなかったようでって1回しかやってないけど・・w

やっぱり乱狩り最強( +・`ω・´)b☆



何度目かの補給時。闇商前でばったり会ったじぇすたん
何か・・でっかいの持ってるよ・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ちょと分かりにくいですけど・・(;´瓜`)3F行くってことだったんで1F入り口でサポもらっちゃいました( +・`ω・´)b☆決して脅した訳じゃありませんよ・・。

その後、優伍兄ぃも通りがかりにサポくれました(´∀`*)SSがないのは上手く撮れなかったとか何とか・・。

今日はユニチャが楽しかったですいつもより人居たので(*´д`*)

ネタの宝庫ですよ(*´ェ`*)
ほらね?w最近優伍兄ぃがネタに見えて仕方ありません(マテ



くだらなく続いちゃったりなんかします

スポンサーサイト



尽きることを知らないねぇ・・

σ(´ρ` 晴)がよく『魔種+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+』を使ってますが、実は元はσ(´ρ` 晴)が考え出した訳じゃないんです・・。

何かσ(´ρ` 晴)しか言ってないので、この際流行ってくれたらいいなぁなんて思っちゃったりなんかしてる訳なんですが。今日こんなこと言われました・・。
怖いって!!怖くないよぉ・・怖くない・・流行って欲しいのデス

あ、でもマスタが今日『魔種~^^』って言ってくれたのが収穫かな・・



あと・・多分バグだと思うんですけど、SP箱買えるのにVit箱買えなかった時があったんですよね。
ホントに選ばれて買えなかったら、かなりショックですよね・・w
どうやら闇商人が妥協してくれたおかげで買えたみたいですOTL



とまぁ狩り中にユニチャしつつ、オウガに殴られて壁に埋められながら狩りしてた訳なんですが。

・・死亡2回どちらもあぃらちゃに助けてもらって無事だったんですけど・・両方とも集めすぎによる回復ミス

いくら乱狩りできるとはいえ、やはり痛いので、4匹くらいに抑えてるんですが・・通りがかりにスキルが当たったNPCが寄ってきたりして・・カナリ痛い

しかも1回はイノバリが切れたからかけ直そうとした瞬間に死亡

くっ・・油断大敵・・ってそんな油断してるつもりはないんですけどね・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

でも時々かけてくれるサポやあぃらちゃのおかげでガリガリ経験値削れました(`・ω・´)



一番感謝はやっぱこの方でしょう(●´∀`●)♪
何度かサポしてもらっちゃいました(*´ェ`*)また出会ったら(=´ー`)ノ ヨロシクです(*´ェ`*)



さて・・ユニチャで宣言しちゃったのでSS日記作ってきますε=ε=ヽ( ・∀・)ノ



経験値:78%→77%→79%→69%

ドロップ:ナノD 3コ、ナノE 2コ、ナノF 1コ、BB 1コ、スキーゴーグル 1コ

23

「・・これは、ある組織が持っているメンバーの証と言う石だ。」

ジョージは石を見つめながら言った。

「組織?」

全然意味が分からない。ジョージは頷きながら答えた。

「あぁ。メンバーしか持っていないものだよ。」

それは、何を意味しているのだろうか?

「でも、どうしてこれを?」

「実は・・。」

ルカは両親が殺されたこと、マリアの師匠が失踪したこと、その晩、村全体が焼き払われ、父が親しくしていた店主が持っていたこと、そして今日殺された薬屋のご主人が持っていたことを話した。

「え?あのご主人が?」

エリンは驚いた。

「えぇ。でもどういう意味なのか・・。父たちがその組織のメンバーだったのか、それとも父たちを殺した犯人がその組織の者なのか。」

「そうだね・・。」

ジョージも考え込んだ。

「あの・・その組織って何者なんですか?」

マリアが問う。

「それが・・私にもよく分からないんだ。それがいい組織なのか、悪い組織なのか。」

「でも、何でこの石のことを?」

「噂で聞いたんだ。もう何年も前の話なんだけどね。私の兄が実は殺されたんだ。その時にもその石が現場にあった。」

ジョージの話にルカとマリアは息を呑んだ。

「警察は何の疑いもしなかったが、実は・・私の友人で裏で商売しているやつが居てね。そいつから聞いたんだ。でもその友人はそれ以上話そうとしなかった。もしかしたらヤバイ組織なのかもしれない。」

ルカとマリアはショックを隠せなかった。

「まさか・・父さんが・・。」

そんなヤバイ組織と関わっていたのだろうか?

「飽くまで推測だから。詳しいことは分からないから何とも言えない。」

ジョージは落ち込んだ2人に言い聞かせるように言った。

「ご飯にしましょう。食べれば、きっと落ち着くわ。」

エリンが提案し、ルカたちは食事にすることにした。





さーてと・・どうしよか・・(;´瓜`)(口癖になっとる・・