FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年03月
ARCHIVE ≫ 2005年03月
      

≪ 前月 |  2005年03月  | 翌月 ≫

今日もナゲはコント祭り(違

どもwCDRが読み込めなくなって焦った晴陽ですウィルスチェックやら何やら色々したら直りました・・ホント何だったんだろう・・・

でもおかんのPC、電源つかなくなりました・・・OTL

何だ!?うちの家は呪われてるのか!!??家電がちゃんと作動しなくなる電波でも通ってるんでしょうか・・?

PC詳しい人に聞いてみようと思います・・



今日は久々にナゲインしました(*´ェ`*)いやぁ・・ネタ大量デス

いや・・別にネタのためにインした訳ではなく・・ちょっとでも経験値減らすべくですね・・w

インしてみると優伍兄ぃしか居なかったんですが・・

とりあえずロスト飛んでみると、ガドロスと遭遇

時間的にちょっとしか一緒に狩れないけど一緒に3F行ってみることにw

ちょこちょこ石とか狩って、ガドロスが落ちる時間。同じ3Fに居るであろう優伍兄ぃに話し掛けると、もうすぐQってことなんで、それまでちょこっと狩るかなぁと意気込んだはいんですが・・。

死亡いや・・だってね、骨と石同時は無理ですって・・(ノ∀`;)

骨最初に殴ったんですが、グラビかけた瞬間、石が寄ってきててグラビが当たっちゃったんデスヨ

って自分が悪いんですけど、外で狩ってた英雄さんが何故か謝ってくる・・w

聞いてみるとアクがσ(´ρ` 晴)がいた部屋に入ってきたかも・・みたいなこと言ってるんですよw

でもね・・多分σ(´ρ` 晴)が悪いんですよ。死んだのは・・wなので気にしないでくださいって言ったんですけどねwめちゃくちゃ謝られてどうしようかと思いました・・w

ホント気にしないでください・・・って感じです・・w多分見てないだろけど、アレはσ(´ρ` 晴)が悪いので!!



死んじゃったんで、闇商で優伍さんを待つことに。めちゃくちゃおひさな人発見!!
σ(´ρ` 晴)がナゲ始めた頃に知り合ったので、結構古い友人です(*´д`*)

ここ最近(でもないか・・?)復帰して、それから廃狩りしてたみたいで・・いつの間にやら英雄

言ってくれれば申請式行ったのにOTL

でもホント゜・:,。★\('ー'*)♪才×〒"├¬♪(*'ー')/★,。・:・゜デスw

砂漠に行くみたいで、お別れして、またまた闇商前で待ってるとまたやってきました!!
スポンサーサイト



part2

とりあえず2Fまで行くと、2F入り口でranzeさんにお会いして、少しお話。
ぐは・・飲みすぎm9(・∀・)ビシッ!!てか早く行かないと優伍兄ぃ寝ちゃう!!てことで3Fへ。いつのも通路は使われていたので、奥に行くことに・・w

奥って・・前に優伍さんと行って全滅したとこですよね・・wでも優伍さんもまみさんもLV高いので守られながら何とか到着。
ココでまみさんとPT組んで狩り開始(`・ω・´)何と1Qで5%減りました!!

PT万歳ヽ('ワ')ノサポも万歳ヾ('ω')ノ



Qに行くと瞬ちゃん発見!どうやら盾してくれるみたいです。闇商前でちょっと話したりしつつ、行こうとすると桃代さんも現れるw

どうやらPT全滅したみたいで・・1人落ちちゃってるみたいだったので、桃代さんもPT誘ってGOGO

LV差があるので、瞬ちゃん+優伍さん+桃代さん、まみさん+σ(´ρ` 晴)という2PTで同じとこで狩り。

途中呼ばれたみたいで瞬ちゃんいつの間にか居なくなる・・w

しばらくして桃代さんも前のPT仲間が戻ってきたみたいで、戻ることに。

再び3人になって、Qになるまで狩り。

19

「貴方たち、さっき宿を探してるって言ってたわね?」

婦人が声をかけてくる。

「はい。」

「まだ見つかっていないでしょう?」

婦人の質問に頷いて答える。

「なら、私のお家に泊まってらして。狭いところですけど。」

「いいんですか?」

「ええ。貴方たちが来てくれなかったら、私一人でどうしようかと思ったわ。お礼もしたいし。」

「では、お言葉に甘えて。」

ルカたちは婦人について行った。



婦人の家は薬屋から程近い場所にあった。

「どうぞ。」

そう言われ、ルカたちは家に足を踏み入れた。そこには子供が2人いた。

「お兄ちゃんたち、誰?」

「旅の人ですよ。泊まる所がないそうなので、家に泊まってもらうことにしたんです。」

婦人が子供たちに説明する。

「そうなんだ。僕、デビット。」

「僕はブライアン。僕たち双子なんだ。」

「そうなんだ。俺はルカ。こっちはマリアでこっちがロッピー。」

紹介すると、双子はロッピーに興味を持ったようだった。

「珍しい・・。モンスターだよね?」

「うん、そうだよ。」

「大丈夫なの?」

「大人しい性格だから人を襲ったりはしないよ。」

ルカはマリアの肩に乗っていたロッピーを双子に抱かせてあげた。

「あ、私ったら、自己紹介してませんでしたね。私はエリンと申します。この子達の母親です。あ、どうぞ。寛いでてください。」

「ありがとうございます。」

「そう言えば、お薬が要るって言ってませんでした?」

マリアはさっきの警察との話を思い出した。

「ええ。でもご主人があんなことになってしまったので。仕方ありません。」

「あの、何のお薬だったんですか?差し支えなければ教えていただけます?」

マリアの質問にエリンは戸惑った。

「私の夫、この子達の父親が病気で伏せってまして、そのお薬なんです。」

「病気・・ですか・・。」

「ええ。ここ数日、ずっと熱が引かないんです。それで熱冷ましのお薬を・・。」

「そうだったんですか。」





やっぱり中途半端に終わってみよっと・・(´∀`*)

(´ρ`)

今日の分、ネタあるんですが、SS加工がめんどいんで後で書きます・・(怠慢



お詫びと言っては何ですが、やっぱり絵でも晒しときます

今日のは中1の美術の時間に描いた点描シリーズ(5枚ほどあったりします・・

とりあえずその中の1枚。
EVANGELIONの綾波レイ
イラストを写して描いたものですが、死にかけました人物はいいとして、背景がね・・(>▽<;; アセアセ

まぁ・・課題でアニメ絵描いてもいいなんてこれくらいだろうけど・・w

今となってはいい思い出デス