FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2005年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年02月
ARCHIVE ≫ 2005年02月
  • (´・ω・`) (2005.02.27)
  • 8 (2005.02.27)
      

≪ 前月 |  2005年02月  | 翌月 ≫

(´・ω・`)

・・ユニバトでしたよ・・しっかり参加してきましたよ・・w

・・・惨敗_|\○_

あれですよ・・向こう戦闘職ばかり、こっちエスパー軍団・・向こうのが硬いに決まってるじゃないですか・・OTL

まぁ・・メテオ撃ちまくりましたけどねぇ(´m`)クスクス



そのうちSS日記でも作るかなぁ・・w

∑(゚m゚=)ハッ!!カボチャ戦隊のSS日記作るの忘れてるΣ(ノ∀`;)ペチッ

よしっ・・頑張ろうっと(`・ω・´)



サンタさんとトナカイさん
特に意味はないんですけどね・・wトナカイさんが居たのでサンタさんになってみました(ノ´∀`*)微妙なサンタですけどね・・・w

トナカイさん・・カミソリ背負ってますけどね(´m`)

この装備でAUに挑むんですから・・ある意味無敵ですよね・・w
スポンサーサイト



8

お互いの身の上話をしていると、すっかり辺りは暗く、夜になってしまっていた。

「今日はココで泊まってください。明朝出発しましょう。」

と言うマリアの提案にルカは賛成した。

「ありがとう。お言葉に甘えることにするよ。」

そう言うとマリアはにっこりと笑ってくれた。



ルカは案内された部屋にあるベッドに横になった。

犯人に繋がるものをまだ何も掴んじゃいない。

でもマリアも持っていたあの石のような、何かの欠片のようなもの。あれが何か関係あるのだろうか?

それと両親が殺されたこと、マリアの師匠が行方不明になったこと、何か関係があるのだろうか。

ルカは石を見つめながら、そんなことを考えていた。

「ピィー。」

「どした?ロッピー。」

「ピィ、ピィ。」

ロッピーは窓の外を見るように促していた。ルカは窓の外に目を向けた。

「あ・・・。」

ルカは声が出なかった。窓の外に広がる真っ赤な世界。村全体は火の海だった。

「ピィ!!ピィ!!」

逃げよう、とロッピーが言ってるのが何となく分かった。ルカは自分の荷物と剣を担いで、マリアの部屋へ直行した。

「マリア!大変だ。早く逃げよう!」

部屋のドアを叩いて言うが、返事がない。

マリアに何かあったのだろうか?

不安が過ぎる。ルカは体当たりで部屋のドアを開けた。

マリアの部屋は既に火の手が隣の家から伝って来ていた。

「マリア!マリアーーーッ!!」

叫んでも返事はない。もう逃げたのだろうか?

ルカはマリアを探しながら、外へ逃げた。





(´∀`*)・・ちょとは路線戻った?w