FC2ブログ

STRAWBERRY★LION

とりあえず生きてますΣd(-ω-`d)
2005年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2005年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年02月
ARCHIVE ≫ 2005年02月
  • (´-ω-`) (2005.02.21)
  • 2 (2005.02.21)
      

≪ 前月 |  2005年02月  | 翌月 ≫

(´-ω-`)

どもw睡眠2時間半の晴陽です何でかって言うと眠れなかった+昼から出かける予定だったからです・・w

朝9時半くらいにコタツで寝て・・12時くらいに起きました・・

バリネム・・(バリバリ眠いです;通じなかったらショック

まぁ今日は友達が運転してくれるんだったんで、楽でしたけどね

いつも運転手だからね・・(ノ∀`;)運転は好きだけどw

最近いつもに増して(=゚ω゚)ボーっとしてるので、事故りそうで怖いんです

どこ行ったかと言うと、大串半島はい、バリバリ地元っす

さぬきワイナリーってとこを見学(無料)のとこ行ったんですけど、人いねぇぇえ

試飲とか無料かと思ったら、1杯100円

ただじゃないのかよΣ(ノ∀`;)ペチッ

人も居ないし・・(一応お店の人はいたけど)、雰囲気的に飲めないよ

まぁ・・ワイン自体飲めないですけどねぇ・・(´∀`*)

結局何しに行ったんだろう・・って感じでしたけどね・・w

いいんです・・海綺麗だったからいいのです
スポンサーサイト



2

少年は家に入り、まず血だらけになっている床を掃除した。両親が流した血は、既に固まりかけている。

泣きながら掃除をした。泣いているとロッピーが慰めるように肩に乗って来た。

「ありがとう。慰めてくれて。」

「ピィ。」

少年は涙を堪えてまた掃除をした。

カチャン。

何かが落ちた。少年は辺りを見回した。ロッピーが見つけ、少年に渡した。

「何だ、コレ・・?石?」

何かの欠片のような気もする。こんなもの、見たことない。もしかして両親を殺した奴らの手がかりかもしれない。

そう思い、少年はそれを服のポケットに入れた。



掃除が終わると、今度は旅に出る準備をした。

鞄の中に少しの食料を入れ、父親から受け継いだ剣を取り上げた。

この時既に日が落ちていた。このまま家を出れば、森の中で迷ってしまうことは必然だった。

「ロッピー、明日出発しよう。」

「ピィ。」

頷くように返事する。2人はこの家での最後の食事を取った。

ただ無言で、母親の手伝いで覚えた料理を作って食べた。



必ず・・必ず・・この手で、両親の仇を討ってやる。



少年は、再び決意を固くした。